お知らせ

5才~11才の方への新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ

当院はこの年齢に対するワクチン対応医療機関となっております。ただし以下の理由により、接種開始日(最短2月28日以降)は未決定です。

  1. 小児のオミクロン株感染が激増中であり、日々その対応に追われワクチン接種の準備(接種時間帯の決定、スタッフの確保)が十分できない。
  2. 現在流行中のオミクロン株は、例外を除けば軽症例が多く本ワクチンの目的(感染予防より罹患後の重症化予防)を考えると早々の接種は必要でない。
    (参考:日本小児科医会の提言をご参照下さい)
  3. この年齢ではワクチン接種が社会活動(習い事、塾、部活動など)へのパスポートになるとは考え難い。

今後の予定

2022年 4月13日の段階では当院での接種日は未定です。
集団接種会場(昭和区役所)では、希望者の方にできる限り安心して接種を受けて頂く目的で参加を予定しております。4月は4月23日(土曜日)15時〜昭和区区役所内の接種会場で私が出務し接種します。

最近の情報では、
1)極めてまれであるが、基礎疾患のない小児での死亡例がある。(乳幼児)
2)熱性痙攣の合併例が、他の発熱疾患より多く年長児(9才ぐらいまで)でも痙攣が認められる(インフルエンザでもこうした熱性痙攣はあります)
3)コロナ感染の急性期症状は治癒しても、一部の例で発達中の脳に影響が出る可能性が指摘されている。(長期予後は不明)

上記の情報は、早急にこの年齢(5-11才)に対して積極的に接種を勧めるまでの根拠にはならないと考えています。
ただ全く接種が不要とは言えない状況になって来たと多くの小児科医が考え始めています。
当院での接種日が決まりましたら、お知らせに掲載します。

お知らせの一覧を見る